DORA麻雀ブログ~管理人日記⑥

ぼ☆ろ☆ま☆け

最近また負け続けです。

DORA麻雀をはじめてから
読みとか、防御面は前と比べて
かなりうまく上手くなってきたと自負しています。

気のせいなんて言わないでください
泣きます。

僕、攻撃が弱いんですよね。
前々からおもっていちゃいたんですけどね。
なんにせよ、引きが弱いんです。゚(゚´Д`゚)゚

今回なんかは特に
一撃もらちゃってますからね。

配牌がよくってもいかせなかったり、
チャンタ狙った途端に真ん中の配が
群れを成してきたりとか普通によくあります。

たまには鬼の様に引きが強いときがありますけどね笑
面混、面清一色を連続で上がった時もあってびっくりしました。
まぁ、普通なんでしょうねこれが。
DORA麻雀をしてる時なんか特にそう思います。

つまり普通の引きってことですかね笑
でもこのままだと勝てないので雑誌の後ろによくある石を買っちゃいそうです笑

パワーストーン

効果が絶対にないと分かっていても
買いたくたくなってしまうのはなんでなんでしょうね。
パワーストーンという響きだけで欲しくなってしまう感もあります。

絶対にないといいきれないですね。
先程は失言いたしました。失敬。

世の中には科学だけでは解明しきれていないものが
ごまんところがっていますからね。
こういうものが効果がないと言い張ってしまう方が
なんだか見識が狭いやつだと判断されてしまいそうです。

僕も今度通販じゃなくて人気のあるところで
DORA麻雀で勝てるように金運を底上げしてくれる
石を買ってみますか。

DORA麻雀もまた運勝負であるところが非常におおきいですからね。
自分の技術が限界に達してしまったと考えてしまったらこうして
神頼みならぬ石頼みをするのも楽しいかもしれませんよw

正直最近はDORA麻雀で負けが混みすぎていて
もう神頼みしかできるものがないんですw
技術を磨けよ!と思われてしまうかもしれませんが
本とか買って捨て牌を読む技術などは上がっているのですが
いかんせん上がることができないですので結局負けてしまうのです。

やっぱりDORA麻雀は上がれないとですね!


対々和と七対子は迷う

こんにちは!
DORA麻雀で役を作っていく中で、
一番迷うのは対々和か七対子ですよね。

トイトイ

DORA麻雀あるあるですよね。
七対子を作っていく中で
鳴くか迷いながら最後見てみると
四暗刻いけてたじゃないか!!

なんてのもDORA麻雀の醍醐味ですね笑

こんなことがあったらもう目も当てられませんが笑
でも四暗刻って意外と天パれるものなんですよ。
何回かテンパイしたことがあります。

でも上がるのが難関なんですよね。
大概の場合にはてのなかでシャンポンに
なっていていつもり四暗刻ってのがよくあるかたち
だと思います。

で上がりだと三暗刻、トイトイで終わっちゃうんです。
かと言ってで上がりで四暗刻を狙ってしまうと単騎になってしまうので
これがまた更に難しくなってくるのです。

まぁだからこその役満なんですけどね。
簡単に上がれてしまうようでしたらそれこそ
トイトイやチートイと同じ二翻になりかねません。

DORA麻雀のルールではなくて
台湾だとリャンメン待ちも可能なのですが
それは関係ないですので覚えなくてもいいですね。

でもDORA麻雀でこれ上がれたら
役満賞がもらえますのでさらにお金を
設けることができますのでどんどん腕を
磨いておきましょう!!

今日のDORA麻雀実践です!

冒頭にはなしていた
七対子なんかは一切関係ないです。
ただただ上がることのみを願っていました。

なので上がれる役は大抵一翻です。
今回も一翻でした。
もっと粘ればもっと高い役が出せたかも
しれませんね。

今回の手で言うと
うまくいけば満貫ぐらいはいけそうでしたね。
我慢すればよかった!

DORA麻雀はオンライン、リアル問わずに
したらばの積み重ねで強くなるのです。

いつかは上がってみたいですね。
四暗刻単騎待ち。
大三元とか国士無双なら
上がったことあるんですよね笑

毎日DORA麻雀打ってればいつかは
上がれますよね!!

頑張ります。

今日も最後まで読んで頂き
ありがとう御座いまいた!!


王道が一番!!

こんにちは!!

今回はDORA麻雀から少し離れて、

皆さん麻雀のマンガ好きですか?
僕かなり大好きなんですよ。
マンガの主人公って高確率で
奇妙奇天烈な闘牌をしますよね笑

一番ぶっ飛んでるのは

無駄つも無き改革

もうぶっとび過ぎてて感動します。
少し内容を紹介すると

世界の首脳が麻雀で
全てを決めていた世界

いろんな技が繰り出されます。

牌を指ですりつぶして(!)
無理やり白にする「豪盲牌」

手配マルマルすり替える
日本の加工技術笑

豪盲牌を阻止する為に
劣化ウラン性の牌

この話の最後は
なんか全手牌が全て白で
1京以上の点数がついてました。ヽ(・∀・)ノ

そして超ダンディな麻生首相。
葉巻が似合いすぎです。

後、アカギ―闇に降り立った天才 (26) (近代麻雀コミックス)も好きです。
アカギカッコよすぎます。

さて、何が言いたいかというと、
こんなの(ヾノ・∀・`)ムリムリ無理って話です。
一時期アカギに憧れすぎて
真似していたんですが、まぁボロ負けでした。

やっぱり最後にものをいうのは
こういう手配ですよ。

THE 王道ですよね。

作りやすく相手も読みやすいのでリーチしちゃえば
降りてくれる可能性も高いです。

曲がった手ばかり作ると
いい手を逃しがちです。

曲がった手ばかり作って
いるとこうなるんです。

でも僕は諦めませんがね笑
アカギみたいに上がれたら
ここで自慢します(*゚▽゚*)

楽しみにしててください。

今日も最後まで読んでいただきありがとう
ございました!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ