DORA麻雀ブログ~管理人日記⑤

リャンメンを残すことだけにとらわれるな

DORA麻雀でもそうですが、基本的に麻雀は,
リャンメンを残していくことが基本的なセオリーとしてあるのは事実なのですが、
ただいつでもリャンメンを残していることが勝利につながるかといえばそうではない
ということをあえて言わせていただきます。

僕も実践のときには基本に忠実にしていますが

その時の判断で切り替えています。

今回もリャンメンを作っていましたが

多面チャンに切り替えました。

麻雀の基本のひとつにメンツは、
コーツよりシュンツのほうが作りやすいですよね。

実際シャンポンとリャンメンを比べれば、街は同じく2種類でも、
枚数はシャンボン4枚に対しシャン面は
8枚なのでやはりシュンツの方がメンツを作りやすいというわけです。
そして、シュンツを4組作ろうとすればピンフになる可能性が高くなるので
とにかくリャンメン街にしておけば何とかなると考えがちです

しかし過剰なまでにリャンメンに固執してしまうこと後で
かえって手作りのロスになるということもあるので
そこは気をつける必要性がありそうです。

今回のDORA麻雀の敗因はそこにあったと分析しました。
なかなか奥が深いものですね。麻雀は
自分の頭でよく考えなければ勝ちにつながらないので、やりがいがあります


切る順番に注意せよパートⅡ

アガリに向かえば向かうほど、
打碑の選択肢が少なくなってくるのが麻雀の世界。
つまり選択肢が狭まり判断がむずかしくなってくるということです。
しかしその中には明気に受け入れ態勢に差の出る打碑があります。

しかしそれが失敗というか負けた時には理由がわかるのですが、
かってしまった時には、なかなか気づくことができないので、
よく自分の打碑については注意深く観察することが重要

今回の例でいえば

マンズーのイッツーを狙うのであれば、ピンズのリャンメンを落とすことになるけども、
まんずんはペンちゃんとかんちゃん残りで苦しい形、
そうなれば、ピンふやタンヤオを目指したほうが上がりやすくなるということになります。

そこでなんとなく今回は9萬子を捨ててしまったのですが、
この場合はよく考えると1萬を切るべきでした。
そうすれば、8萬がでた場合、テンパイができるという
選択肢が増えていることにあとから気づきました。

DORA麻雀は、相手の顔が見えない分こういう確立的な部分がとても重要になると思うので、
今回は買ったからいいものの、今後より確立のあがる打碑を打てるように頑張っていきたいと思います

今回の場合もし打碑9萬子の後に8萬子が出てきた場合テンパイを逃すことになり
アガリも逃してしまうことになるため勝負の分かれ目ができてしまうということを学びました

捨てる順番も十分に考慮していきたいと思います


切る順番を意識する

ちょっと切る順番が違うだけで今回は負けを作る要因を
作ってしまった。
特にDORA麻雀は短期決戦びゲームなので、
ひとつのミスが完全に勝敗を分けてしまいました。

この対戦は正直勝ちゲームだと思っていただけに本当に残念な気持ちになりました。

切る順番についてその順番が少し違っただけで
受け入れ態勢に違いが出ることを今回は反省の要因として学びました。

なかなか実際にDORA麻雀で対戦している間は気が
つかないけれどもその1打にこそ気を使っていきたいです

麻雀は次に何を積もってくるかがわからないから面白い。
既に4枚が見えている牌は絶対ツモってはこないですが、
それ以外なら可能性が残っているもの。

その場その場で本当によりよい打碑をえらばなくてはならないのです
自分が狙うアガリの形のみに集中しなくてはならない

つまりハメ絵になってはならないということですね
ハメ絵とは自分が狙うアガリのみに集中してしまう戦略といったところでしょうか

何事も柔軟に対処そして対応する必要があります
それが麻雀の魅力でありかつDORA麻雀の魅力となっていくわけです。

今日はこのあたりで終わりたいと思います。
悔しいのでもういっかいDORA麻雀に挑戦して就寝したいと思います

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ