闘牌伝説アカギアニメ動画①~第1話から第5話まで

<闘牌伝説アカギ:あらすじ>
第二次世界大戦が集結してから十三年がたった。
特需や高度経済成長にさしかかろうとしている
昭和三十三年のことである。

雀荘に嵐の真夜中に中学生が入り込む。
この少年が後に神域の男と呼ばれのちに裏社会に
君臨するアカギであった。

語り継がれることになるアカギの伝説の物語である。

<第1話:闇に舞い降りた天才>
akagi1-闇に舞い降りた天才

嵐のよるに南堂という男がヤクザと麻雀を打っていた。
南堂はヤクザに借金をしていてこの麻雀で帳消しに
しようとしていたのである。

だがこの麻雀で負ければ多額の死亡保険を
かけられこのまま事故死に見せかけて殺されてしまう。

しかし流れが悪く押されてしまっている。
なんとか流れを変えなくてはいけない…。
そう考えているときに戸が開かれた。

白髪のどう見ても中学生。
普段なら押し返すところであるが
流れを変えるには最適だと踏んだ南郷は
自分の甥だと言って入れる。

しかし流れは好転しない。
諦めかけたとき背後から
「死ねば助かるのに…」
とアカギが言い放った。

麻雀を知らないはずなのに
今の自分の姿を言い当てられ
可能性を感じた南郷はアカギに代打を頼む。

闘牌伝説アカギ~第1話
「闇に舞い降りた天才」
のアニメ動画を視聴する
1話「闇に舞い降りた天才」


DORA麻雀


<第2話:資質の覚醒>
akagi2-資質の覚醒

南郷から麻雀の基本的なことを
教えてもらっただけのアカギであったが
いきなり麻雀の本質を理解しその才能を開花させた。

役満をイカサマで作り上げる度胸ももっていた。

ヤクザたちは手も足も出せず
雀ゴロである代打ちの矢木を呼び出す。

闘牌伝説アカギ~第2話
「資質の覚醒」
のアニメ動画を視聴する
2話「資質の覚醒」


<第3話:異端の策略>
akagi3-異端の策略

順調にかちすすんでいくアカギであったが
矢木が麻雀初心者であるアカギの弱点を発見する。
その隙を得意技のイカサマ「キャタピラ」で突かれてしまい
三倍満に振り込んでしまうのであった。

このまま負けてしまうのかとも思われたが
ここからがアカギの真骨頂。
だれも考えのつかない奇手で
矢木を翻弄するのであった。

闘牌伝説アカギ~第3話
「異端の策略」
のアニメ動画を視聴する
3話「異端の策略」


DORA麻雀


<第4話:本物の無類>
akagi4-本物の無類

矢木を倒されたヤクザたちは次の刺客として
盲目の雀士市川を選んだ。

戦いを引き受ける条件として
拳銃を受け取ったアカギは
その場にいた市川を見抜く。

品定めするかのように市川に
拳銃を突きつけロシアンルーレットを
するが眉一つ動かさない。

その場を去ろうとするアカギであったが
アカギもするのが礼儀というもんだと言いくるめられ
するのだがハズなさないようにと口に銃を突っ込まれる。

狂気の沙汰ほど面白い―

そう言い放ち引き金を引く

闘牌伝説アカギ~第4話
「本物の無頼」
のアニメ動画を視聴する
4話「本物の無頼」


<第5話:裏切りの絶一門>
akagi5-裏切りの絶一門

いつまでたってもアカギがこない。
変わりに南郷たちが打つのだが当然
市川にかなうはずもなく窮地に立たされる。

最後の一打というところで
アカギがやってきてイカサマで
なんとか難を逃れる。

脇からはいくらでも点数が取れるが
肝心の市川からは取ることができない。
お互いは二人が差しで戦う決意表明である
絶一門をするのであった。

闘牌伝説アカギ~第5話
「裏切りの絶一門」
のアニメ動画を視聴する
5話「裏切りの絶一門」


第6話以降の続きはこちらから
闘牌伝説アカギその2

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ